教師のコーチングスキルと[入試・AO入試]進路指導なら学習コーチアカデミー

 

ファシリテーション

ファシリテーションとは

  • ファシリテーション(facilitation)とは、「促進する」「容易にする」「円滑にする」「スムーズに運ばせる」というのが原意です。人々の活動が容易にできよう支援し、うまくことが運ぶように舵取りするのがファシリテーションです。
  • 具体的には、集団による問題解決、アイデア創造、合意形成、教育・学習、変革、自己表現・成長など、あらゆる知識創造活動を支援し促進していく働きを意味します。
  • 上記の役割を担う人がファシリテーター(facilitator)であり、日本語では「協働促進者」または 「共創支援者」と呼びます。分かりやすく言えば、裏方で黒子のリーダーです。会議で言えば、メンバーの参加を促進し、 プロセスの舵取りをする人がファシリテーター(進行役)です。

ファシリテーターのスキル

  1. 場のデザイン
    何を目的にして、誰を集めて、どういうやり方で議論していくのか、相互作用がおこる場づくりからファシリテーションは始まります。問題解決プロセスをはじめ、基本となるパターンをベースに、活動の目的とチームの状態に応じて一つひとつ段取りを組み立ててゆきます。
  2. 対人関係
    ファシリテーターは、しっかりとメッセージを受け止め、そこにこめられた意味や思いを引っ張り出していかなければなりません。具体的には、傾聴、復唱、質問、主張、非言語メッセージの解読など、コミュニケーション系(右脳系・EQ系)のスキルで研究(会議)を運営します。
  3. 構造化のスキル
    論理的にしっかりと議論をかみあわせながら、議論の全体像を整理して、論点を絞り込んでいきます。思考系(左脳系・IQ系)のスキルが求められ、加えて、図解ツールをできるだけ多く頭に入れておいて、議論に応じて自在に使い分けてゆきます。
  4. 合意形成のスキル
    議論がある程度煮詰まってきたなら、創造的なコンセンサスに向けて意見をまとめていきます。問題解決でいえば、意思決定のステップです。多くの場合には、ここで様々な対立が生まれ、簡単には意見がまとまりません。対立解消のスキルが求められ、ファシリテーターの力量が最も問われるところです。

このページのトップへ

 

Copyright© Gakushu Coach Academy All Rights Reserved.